FC2ブログ
DSCN7371.jpg

ようやく青空が見えた・・
結構長く降ったので里山歩きは止めて逢帰ダムでユックリ鳥観察のつもりが
生憎の工事中でダムまで行けずに孝子の畑周辺と平井峠・・・
山の中で大きな鳥の鳴き声が聞こえるけど見つけられない。。

DSCN7370.jpg

アオジが多い所だったけど見なくなった。。


DSCN7407.jpg

飛び交うのはメジロ・・

DSCN7414.jpg

淡路島・・少し霞んでいる。。

DSCN7417.jpg

君は誰よ・・

DSCN7415.jpg

何時もここにいるイソヒヨドリ。。

DSCN7380.jpg

ホオジロ。。

DSCN7394.jpg


遠くの木にいたシロハラ・・違う子に見えた。。

DSCN7409.jpg

沢山いたけど写せないね。。

DSCN7363.jpg

ジョウビタキの女の子。。

DSCN7345.jpg

食べ物を探しているツグミ・・

DSCN7413.jpg

本日の落とし物・・・鉄塔の下にて。。

下りは案の定よく滑った・・・幸い尻もちはつかなかった。。
スポンサーサイト



172215_03.jpg


「新 感染ファイナルエクスプレス」

韓流ドラマは観たことないけど韓国映画はよく観る。
サスペンス、刑事物・検察物、社会派映画はよく出来ていて面白い。
もう邦画は敵わない・・残念ながら。。
これはゾンビ映画・・ホラー映画、スプラッター映画は苦手だけど、
この作品の続編の評価が高いとの噂を聞いたので
予習のつもりで鑑賞してみた。
流行り病が蔓延している今の時期に観るのは複雑な気持ちがするね。
韓国版新幹線の中で起こったパンデミック・・発症すればゾンビに、空気感染はしないようだ。。
例によってガブリとやられるとたちまちゾンビに・・
疾走する高速列車内と限られた空間で助け合い戦う人がいる反面、
辛くも上手く逃げ切り彼らが安全な車両に入ってくるとそれを拒む人・・
実際こんな展開になったらどうやろ。。
感染者が多い地域から入って来てほしくないと思うのは人情。まして狭い空間で・・
でも映画では自己中心で嫌な奴になってしまうね。。
登場人物のバックボーンや人間性を上手く描写しているし
テンポよく仕上がっていて単なるゾンビ物では終わっていない。
ゾンビたちが暗くなると動きが遅くなるのが判りながらトンネルを高速で通過するのは何故?
また、歩く姿はぎこちないのに走るのはやたら早いね。。逃げきれない・・・

☆☆☆★


320.jpg

「超 感染ファイナルデッド」

似たような邦題だが、こちらは中華版ゾンビ映画。高級ホテルでパンデミックが発生して安全な場所を求めて逃げる話。。
子供意外の登場人物は揃いも揃ってイマイチ感情移入が出来ない連中なのが目新しいかな?
またバイオレンス場面が多くて違う怖さがあるね。。こちらのゾンビも動が早い。。
出来としては韓国版には及ばないね。。

☆☆☆
昨日今日と雨降りで洗濯物が乾かないからストーブ点けて酩酊座に籠れと隊長さんに言われ
・・6本の映画を観た。。。明日も雨降りかな?

0101.jpg


「サードパーソン」

不思議な映画でした。
異なる都市で繰り広げられる3組の男女のエピソードを描くミステリー?
リーアム・リールソン演じる女好きの妻ある作家と愛人とのパリでの色恋沙汰がメイン、
ローマを旅するアメリカ人は酒場で出会った女の子供が誘拐されたと聞き助ける決意を、
また、ニューヨークでは元女優が元夫と親権を巡って係争中・・・
さて、どう絡まっていくのか、どう繋がるのかの・・謎を残したままエンドタイトル・・
観客はキツネにつままれるね。。
作家自身のエピソード以外は彼の作品の中での話って事なんだろうね。。
各エピソードも楽しめて退屈はしない不思議な映画。もう一度見れば謎は解けるかな?
ポール・ハギス監督マジックを楽しめるかと問われれば、鈴木清順監督作品が好きなら楽しめると思うね。。私は嫌いじゃない。

☆☆☆★

0202.jpg


「天才作家の妻」

作家志望の息子の作品には辛辣なコメントを残す著名な作家は遂に念願の
ノーベル賞文学賞を受賞し、夫婦そろって喜び勇んで受賞会場のストックホルムへ・・・
晴れの舞台を前にして、現地で年老いても女好きの本性を現す夫に愛想をつかし、
彼の経歴を調べているジャーナリストに、ある日を境に彼の作品の出来に変化があることの
疑問を執拗に問い詰められることに徐々に苛立ちを隠せなくなる妻。
その妻は大学では文学を専攻し、その時の教授が当時妻帯者の今の夫。。
女にだらしない夫に我慢を重ね、作家の妻として貢献してきた妻がラストでとった態度は・・・・
妻役が「危険な情事」のストーカー役だったグレン・グローズだけに・・・そこは観てのお楽しみ。
作家先生の中にはこんな人もいるんだろうな・・いけ好かない奴。

☆☆☆☆
DSCN7276.jpg

スタッドレスに替えているので1度くらいは雪を観に行かねば・・・
と言うことで・・何時もの護摩壇山ワイルドライフ。。

DSCN7277.jpg

今日は暖かいので舗装道路は解けてアイスバーン状態が多かった。。
護摩壇に近づくにつれて雪がよく残っていた・・

DSCN7280.jpg

一応・・靴用スタッドレスアタッチメント、アイゼンを持ってきているけど。。隊長さんと一緒なので
出番はなさそうです。。昔はスノーシューで歩いたのにね。。


DSCN7281.jpg

去年より雪が少ない、。。昨日までに来ておけばね・・

DSCN7279.jpg

奥に護摩壇タワー・・・見えるかな?

DSCN7285.jpg

隊長さんと暫しの別れ・・・長靴に履き替え引き続き散歩。
南向きの斜面でもソコソコ雪は残ってます。

DSCN7287.jpg

上着が要らないくらい暖かい。。ホカロンは持っているけど。。いやマグマでした・・これは暑い位だね。

DSCN7286.jpg

長靴が埋まるくらいの積雪・・・ここで引き返します。。


DSCN7294.jpg

護摩壇山になるのでしょうか?

DSCN7283.jpg

テンでしょうか?

DSCN7314.jpg

鳥の方はここの常連さんばかりでした。
ヤマガラ・・・

DSCN7324.jpg

ヒガラ・・・

DSCN7300.jpg

ヒガラ・・

DSCN7296.jpg

ベレー帽を被ったコガラ・・好きな子です。

DSCPDC_0003_BURST20210121135547903_COVER.jpg


帰り道、高野龍神スカイラインの道路際で佇むニホンジカの女の子・・お姉さん?おばさん?

久しぶりのワイルドライフ・・雪のあるうちにもう一度行きたいね。。隊長さんも行く?留守番でも私は構わない。。
DSCN7258.jpg

午前中は昨日に続いて野暮用だったので、昼飯の弁当を買って岬町・孝子へ

DSCN7200.jpg

今日は違う角度から・・・

DSC_0966.jpg

豪華ランチ・・・テーブルは膝。。

DSCN7269.jpg

ペアでやって来て、この子だけ撮り終えるまで残ってくれた・・ホオジロ

DSCN7256.jpg

ランチ中のメジロ。。

DSCN7226.jpg

凄い体勢で何かを貪るヤマガラ。。


DSCN7199.jpg

遠くて確認できないけど何かを咥えたアオジ。。

DSCN7211.jpg

先日オオタカを見かけた木の周りを探していたら・・ノスリかな?
遠い。。

DSCN7212.jpg

トリミングをしたら余計に判らなくなった。。

DSCN7220.jpg

ジヨウビタキの女の子

DSCN7248.jpg

ルリビタキの若・・・この子は暫くして私に向かって飛んできた。。血気盛んな若者?
単に私に気が付かなかった感じ。
迷彩服に迷彩色の帽子の効果かな?

短時間に沢山の鳥に出会えた・・
残念なのが、今まで外れの無いポイントには1羽も鳥がやってこなかったことかな・・・